The 6th IAPMS Conference in Beijing, China, 2018に参加してきました。


これまたログですが、6月9日、10日の日程で北京は中国伝媒大学で開催された、Inter-Asia Popular Music Studies Conferenceに参加してきました。トランジット以外で中華人民共和国を訪問したの初めてだったんですが、もうみんなが言うとおり、そのパワーに圧倒されっぱなしでした。人も物もスケールがでかいし多い。大変でした。最高。

「Do Netlabels network Inter-Asia music culture? : From the case of Maltine Records in Japan」というタイトルで、日本のネットレーベルの最近の状況についてまとめたものを発表しました。いくつかの大変興味深い情報提供をコメントでもらえて、今後のデジタル音楽ネットワークを考えるにあたってのヒントを得ることができた。ただし、中華人民共和国の状況についてはやっぱりよくわからなかった。勉強しよう。

IAPMSは本当に良い集まりです。研究活動やらへのエンカレッジ度合いがすごい。今後もがんばりつつ、Inter-Asiaなネットワークを面白がろうと思います。