明日3/13(水)@首都大アキバCPで開催「もにゅキャラ考3」のお知らせです。


いつもながら直前の告知になってしまいアレなんですが(昨年度も同じ時期に同じような文章から書き始めている)……連続シンポジウム「もにゅキャラ考」の最終回として、明日の夕方から講演とディスカッションを実施します。

詳細や更新上はFBイベントページも参照してください!

日時:2019年3月13日(水) 18:00~20:30(開場17:30)
開場:首都大学東京秋葉原サテライトキャンパス
料金:入場無料
主催:首都大学東京 楠見清研究室

[第1部]キャラクターとシンボル像の現在──アニメ、慰安婦像、バンクシーをつなぐ視点から
基調講演と報告 18:00-19:20
 モデレーター:楠見清(首都大学東京大学院准教授)
講演1:藤津亮太(アニメ評論家、東京工芸大学非常勤講師)
 「キャラクターの浸透と拡散 漫画とTVアニメ」
講演2:古川美佳(朝鮮美術文化研究、女子美術大学非常勤講師)
 「韓国の慰安婦像・元徴用工像と大衆文化」
講演3:鈴木沓子(フリーランスライター、翻訳家)
 「バンクシー作品に登場するキャラクターと物語」

[第2部]ポスト・ポップ・カルチャー?──大衆と大衆文化のゆくえ
パネルディスカッション 19:30-20:30
 パネリスト:藤津亮太+古川美佳+鈴木沓子+楠見清
 司会:日高良祐(首都大学東京大学院助教)



コメントを残す