慶應義塾大学アート・センター『Booklet 26 mandala musica』に寄稿してます。


訪問所員になっている慶應義塾大学アート・センターの年報的な文献『Booklet』に論考を寄稿してたのが出版されました。しかし、いろいろなことがあって(たぶん)、書いたのは2017年とかなんだけど2018年3月の日付で2019年に出ている。ので、読み返してみるといろいろ目論見が変わっていたり、あるいは書きようがすごいフレッシュな感じだったり、おもしろかった。この『Booklet』という紀要は表紙デザインやら判型やらがかっこいい。
http://www.art-c.keio.ac.jp/publication/booklet/booklet-26-1/

「J-MELOリサーチの2010年代」というタイトルで、院生の時から関わっていたNHK国際放送と藝大の共同調査についてわりかし細かく紹介しているものです。『私たちは洋楽とどう向き合ってきたのか』の内容ともかぶる部分が多々あるが、こちらの方は調査自体をどうやってきのか、に焦点を当てている。

ほかの文章も、重要なインタビュー・対談や文献紹介などが掲載されているので、アート・センターのウェブサイトから購入できるようなのでぜひぜひ!